千鳥・大悟、志村けん演じる“ひとみ婆さん”とコント初共演で失敗し猛省

『志村けんのだいじょうぶだぁ』で千鳥・大悟が志村けんの名物キャラ「ひとみ婆さん」とのコントでの失敗を嘆き…

エンタメ

2020/03/05 13:30

志村けん、千鳥大悟
(画像は志村けんInstagramのスクリーンショット)

4日放送『志村けんのだいじょうぶだぁ』(フジテレビ系)に、志村けんと親交の深い千鳥・大悟が出演。志村の代表的なキャラのひとり「ひとみ婆さん」のコントで共演し視聴者を楽しませたものの、当人だからこそわかる失敗が発覚、反省を口にした。



 

◼志村の名物キャラ

志村が「1番のお気に入り」と明言してきた名物キャラ・ひとみ婆さん。さまざまな職業で登場し、高齢でヨボヨボの老女がゆえのポンコツぶりを披露、客を翻弄するというキャラクターだ。

この日は、旅館の宿泊客役の大悟が、「若くてキレイなマッサージ師」を頼むとひとみ婆さんが登場。息のあった2人が大暴れする展開で視聴者を楽しませた。

しかし、番組終盤に放送された志村との食事会で、大悟は同コントでの失敗を吐露する。


関連記事:千鳥・大悟が志村けんにまさかの説教 「普通のロケはあんなんじゃない」

 

◼子供のころに観たキャラと…

全撮影終了後、麻布十番の志村の行きつけの店で、志村と大悟、磯山さやか、高嶋香帆の4人が労をねぎらいながら酒を酌み交わす「食事会」の様子を撮影、それがそのまま放送された。

ひとみ婆さんとは初共演となった大悟。「ちっちゃいころから観てるやつですから」と、小学生のころから観てきた名物キャラクターとの共演に喜びを隠せなかったと明かす。

次ページ
◼大悟の反省