弘中綾香アナの“簡単に恋愛できない理由”に視聴者「軽くショック」

『太田伯山』でテレビ朝日・弘中綾香アナが自身の恋愛事情を吐露して…

エンタメ

2020/03/05 17:00

弘中綾香アナ

爆笑問題・太田光と天才講談師・神田伯山が視聴者やゲストの悩みに持論を展開する『太田伯山 ~悩みに答えない毒舌相談室~』(テレビ朝日系)が4日深夜放送。

『女芸人No.1決定戦 THE W 2019』王者となった女性トリオ・3時のヒロインが登場し、ツッコミで元アイドルの福田麻貴が恋愛面での悩みを吐露。それを受け、同世代のテレビ朝日・弘中綾香アナが自身の恋愛観を赤裸々に告白した。



 

◼福田の悩み

多くの番組で「恋愛トーク」を求めらがちな女芸人。

かなでは「初めて付き合った彼氏に高田馬場でフラレて土下座しようとした」エピソード、ゆめっちは「外国人を含めた奔放な体験」を武器として持っているが、福田は経験が浅く「面白い恋愛トークができない」悩みを抱いていた。

「3人のなかで、恋愛・女性としては一番下」だと自覚している福田。恋愛をしたくても「なかなか好きになれない」「長続きしない」と悩みを吐露していくと、話を聞いていた伯山が「プライドが高そう」と福田の本質を指摘する。


関連記事:神田松之丞、爆笑問題・太田光が漏らした弱音に困惑 「そんなこと言われたら…」

 

◼弘中アナの恋愛観

伯山の指摘に、それも「好きになれない」原因のひとつと福田が賛同すると、同世代の弘中アナも「簡単に好きになれないってある」と共感を示しはじめた。

「歳を重ねて理想が高くなった」という弘中アナ。「ここまで待ったのに『こんな人で私はイイのか?』みたいな」と理想ばかりが高くなり、もっと自分にふさわしい相手がいるのではと、恋愛面で厳しく選り好みするようになったと告白する。

しかしこれに福田は「違います」と即答。あくまでも「最初は軽く好きになるが、それ以上に好きになれない」だけで、「より高ランクの相手」を探し求める弘中アナとは異なると否定した。

次ページ
◼一部の視聴者も反応

この記事の画像(1枚)