新型コロナの影響で閉園中『ムーミンバレーパーク』 いつもよりムーミン谷感が増す

新型コロナウイルスの影響で閉園しているムーミンバレーパーク、散歩することは可能

地域

2020/03/06 10:30

東京ディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパンを始めとした、多くのレジャーランドが新型コロナウイルスの影響で自主的に閉園している。

埼玉県飯能市にある、ムーミン谷をモチーフにした『ムーミンバレーパーク』も閉園をしているのだが、11時から16時の間に限り、散歩道として入園することが可能だ。


画像をもっと見る

 

■閉園するも客は多数

実際にしらべぇ取材班が行ってみると、入り口には案内の看板があり、来場者にお知らせされていた。

しかし、ムーミンバレーパーク途中の商業施設『メッツァビレッジ』はオープンしており、湖畔の遊び場には多くの子供連れが。休校や休園になっている学校や保育園が多く、家で息詰まっている人たちの憩いの場になっているようだ。


関連記事:『ムーミン』や『マリメッコ』… 北欧デザインの人気は女性に根強い?

 

■いつもと違うムーミンバレーパーク

ムーミンバレーパークの入り口に着くと、やはりチケット売り場は閉まっていた。

園内は散歩をしている客はいるものの、普段とは違った寂しさがあり、独特の雰囲気がある。


■ムーミン谷感は増している

しかし、道によっては閉鎖されている部分も多く、あくまで散歩のみで子供を遊ばせることは難しい。

係員のいないムーミンハウスは、谷の仲間が冬眠しているときにムーミン谷を訪れた感覚にもなる。いつもの賑わったムーミンバレーパークよりも、ムーミン谷感は増している気がした。

園内は広く開放感があるので、ずっと家に閉じこもっている人は散歩に行ってみるのもいいかも。いまなら平日は駐車場も無料なので、お金をかけずリラックスすることができるだろう。

・合わせて読みたい→鈴木福、谷花音とのゲーセンデートに密着 「お似合いすぎ」「もう付き合え」

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事の画像(8枚)