麒麟・川島、カラオケの豆知識披露 シャドーボクシングの映像が多い理由とは

「麒麟」の川島明が、カラオケ映像に関する豆知識を披露。まさかの裏事情に、共演者らは驚きの声を上げた。

エンタメ

2020/03/07 19:40

麒麟・川島明

お笑いコンビ「麒麟」の川島明が7日放送の『川島大悟の言いがかり提案します~世の中もっと良くしません?~』(関西テレビ)に出演。カラオケ映像に関する豆知識を披露し、共演者をうならせる場面があった。



 

■カラオケ映像に不満

「世間の常識」に対し、出演者が怒りや不満をぶちまけていく同番組。

カラオケの「本人映像」に言いたいことがあるという川島は「カラオケの映像が本人映像だと、みんなそっちで盛り上がるから、やめてほしい。みんな絶対そっち見るやん。でも声はおれのやから、邪魔してますやんって…」と訴えた。


関連記事:麒麟・川島明、既婚者だと世間に知られていない「悲しすぎる理由」吐露

 

■スタジオでは意見が分かれる

この意見に、タレントのアンミカも同調。川島と同じ昭和生まれの立場から「昔ながらのビデオみたいな、あんな感じでええよね」とコメントした。

対照的に、フリーアナウンサーの新井恵理那は、「え?あれがいい?」と昭和世代の意見に反論。「逆に昭和過ぎて気になっちゃいません?全然曲が入ってこない時がある」と本人映像派である理由を挙げ「ライブ映像だとテンション上がる」と笑顔で話した。

次ページ
■カラオケ豆知識に「え~!」

この記事の画像(1枚)