年をとると涙もろくなる理由をチコちゃんが解説 原因は「脳のブレーキ」だった

『チコちゃんに叱られる』で年をとると涙もろくなる理由について、理論立てて解説した。

エンタメ

2020/03/07 06:45

チコちゃん

6日に放送された『チコちゃんに叱られる!!』(NHK)で扱われたテーマのひとつ「なぜ年を重ねると涙もろくなる?」に注目が集まっている。年をとるにつれ涙もろくなるというが、その根拠にチコちゃんが迫った。


画像をもっと見る

 

■共感しやすくなる

気になるチコちゃんの回答は、「脳のブレーキが緩むから」という。加齢により、脳の動きが弱くなることはわかるが、なんのブレーキが弱くなるのだろうか。

涙には、目を乾燥やゴミから保護する涙」「感動し気持ちが動いて出る涙」の2種類があるという。年を重ねることで流しやすくなる涙は後者の気持ちが動いて出る涙のようだ。

番組では、10代から60代までの男女に同じ映像を見てもらう実験を実施。同じ映像を見ても若い世代では「楽しい・面白い」といった感想を述べたが、年配層は「感動した」と語った。

年を経ることで高まる「共感力」が影響していると分析。感動したり、感情が動いたりするには自己投影や共感が必要であるとしつつ、人生経験を積むことで共感できるポイントが増えて涙もろくなると解説した。


関連記事:感情を抑えきれなくて… 自分の気持ちにブレーキが効かなかった体験談

 

■脳のブレーキが緩む

さらに、涙もろくなるにはもうひとつ理由があるという。自分を気持ちにブレーキをかける前頭葉の働きが弱くなることが影響しているようだ。

感情にブレーキをかける能力は20代前半にピークを迎え、後は加齢と共に衰えていく。アクセルとなる共感力は高まっていく反面、ブレーキが効きづらくなるため、涙もろくなる。

番組では、「涙もろい人は 多くのことに共感できる優しい人と言える」として、テーマを締めた。

■高齢者は感涙しやすい?

年を取るにつれて涙もろくなることを理論立てて説明したチコちゃん。しらべぇ編集部が全国の10〜60代男女2,168名を対象に調査したところ、「感動して泣くことがあまりない」と答えた割合は全体の34.0%。

なお、2018年の同調査と比較すると、7ポイント以上増加している。

感動して泣くことがあまりない

涙もろくなるのは止められないかもしれないが、人生で様々な経験をしたと考えると悪くないかも知れない。

・合わせて読みたい→梅沢富美男、鈴木杏樹の不倫謝罪に苦言 「誰に謝ってるの?」

(文/しらべぇ編集部・Aomi

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2020年7月3日~2020年7月7日/2018年5月18日~2018年5月21日
対象:全国10代~60代男女2,168名/20代~60代男女1,477名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)