高嶋ちさ子、死を覚悟した壮絶過去 長嶋一茂は「やっぱりサバイバルなんだな」

『ザワつく金曜日』で高嶋ちさ子が「死を覚悟した」壮絶な過去を明かして…

エンタメ

2020/03/07 14:30

高嶋ちさ子・長嶋一茂

6日放送『ザワつく金曜日 一茂良純ちさ子の会』(テレビ朝日系)で、ヴァイオリニスト・高嶋ちさ子が「死を覚悟した」壮絶な出来事を告白した。


画像をもっと見る

 

◼ちさ子の過去

「死を覚悟した」経験は「何度もありますね」とこともなげに語るちさ子。特に兄とのやりとり、兄弟喧嘩でそれを強く感じたと明かしていく。

小学校3年生のころ、兄から「タンスの上から飛べ」と言われたちさ子はその言葉に従い飛び降りた。すると兄は「1回転で飛べ」とさらなる要求を突きつける。

ちさ子はこれにも素直に応じて1回転して着地したが、今度は「1回転ぐらいならお前はできる。2回転で飛べ」と兄は命令。ちさ子は言われるがまま、2回転に果敢に挑んだものの背中から落ちて強打。

息ができず苦しんでいるちさ子に兄は慌てて、「いま俺が助けてやる」と水を持ってきて介抱した。


関連記事:高嶋ちさ子が驚きの金銭事情告白 「持ってるだけ使うから毎月マイナス」

 

◼優しさから一変

「優しいな、こういうときはお兄ちゃんは」とタンスから飛び降りるのは死を覚悟するほどツラかった、それでも同時に兄の優しさも感じられたちさ子だったが、息が整うと兄は「もう1回いけ」と再びタンスから2回転して飛び降りるよう強要したと明かす。

この兄の仕打ちを両親に打ち明けたが、「みんな『へ~』って言ってた」とまるで気にかけなかったと振り返った。

ちさ子の過去に、長嶋一茂は「やっぱりサバイバルなんだな、そういうサバイバルな家庭環境だからこうなっちゃう」と呆れながら現在のちさ子を指した。


◼1割強「兄弟姉妹はいないほうがよかった」

しらべぇ編集部で全国10〜60代の兄弟姉妹のいる男女1,543名を対象に調査したところ、全体の12.6%が「兄弟姉妹はいないほうがよかった」と回答している。

兄弟姉妹がいないほうがよかった

もっとも割合が高かったのは10代男性で20.4%、最も低かったのは60代男性で5.2%となった。

兄弟姉妹がいないほうがよかった

世の中には仲の良い兄弟姉妹ばかりではない。「いないほうがイイ」と感じるほど不仲な兄弟姉妹も少なくないはず。

激しい兄妹喧嘩のエピソードをこれまでも明かしてきてちさ子だが、それを笑って話せるのなら「いないほうがよかった」と思うほど嫌悪は抱いていないだろう。

・合わせて読みたい→「妻をわざと怒らせる」長嶋一茂に高嶋ちさ子ドン引き 「めっちゃ面倒くさい」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2020年4月24日~2020年4月27日
対象:全国10代~60代の兄弟姉妹のいる男女1,880名(有効回答数)

この記事の画像(4枚)