SNSで話題の唐辛子増毛法に医師が警告 「危険なデマ」

髪の毛が薄くなってきた男性がインターネット上にほかのアイデアを求めることはしばしばだが…

社会

2020/03/08 09:40

カプサイシン増毛法
(leonovo/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

日本のみならず、薄毛に悩む男性が多いとされる欧米。抜け毛のさまざまな要因について医学的な研究も日進月歩だが、昔から民間療法も多い。最近ではデマがSNSで出回り、医者達がコメントを出すまでになった事象も出てきている。



 

■たかが髪、されど髪…

やはり薄いよりは濃いほうが女性にモテる…!? こんなことを考え始めるとキリがない髪の毛。鏡を前にすると徐々に広くなっていく額につい目が行ってしまう、わざわざ2枚の鏡で頭頂部を確認してしまうという男性も少なくないようだ。

薄毛の悩みも高齢にもなれば「誰もが同じ」とあきらめがつく。問題は「若くしてなぜ俺だけが」「親父からの遺伝か」などと悩む時期だろう。


関連記事:『THE W』女芸人よりブラマヨ小杉の頭に注目集まる 「出場者より面白い」

 

■怪しい代替医療が…

そんな男性たちにとっては植毛という選択肢もあるが、その費用は数十~数百万円ともいわれ、すぐに手が出るようなものではない。そのせいか、インターネット上には時々怪しい代替医療が登場することがある。

海外のそんな悩める男性たちの間でこのところ話題になり、SNSで拡散していたひとつが唐辛子のカプサイシン成分を利用した頭皮の血行促進方法だ。

次ページ
■カプサイシンは逆効果

この記事の画像(1枚)