SNSで話題の唐辛子増毛法に医師が警告 「危険なデマ」

髪の毛が薄くなってきた男性がインターネット上にほかのアイデアを求めることはしばしばだが…

社会

2020/03/08 09:40


 

■カプサイシンは逆効果

流行しているのは、真っ赤なチリパウダーあるいはチリ入りオイルを頭皮にふりかけ、よくマッサージするといったアイデア。しかし、形成外科医や皮膚科医が相次いでこれに「待った」をかけた。

チリの強すぎる刺激が頭皮にダメージを与え、その炎症でむしろ脱毛を引き起こす可能性があるとのこと。カプサイシンの効果はあれこれ謳われているが、刺激物を頭皮に塗る行為は危険そのものと想像できる。


関連記事:ロッチ中岡、『イッテQ』からの“賞金”に衝撃 「あまりに酷い代償」

 

■自分が心地よいことが一番

ニュージーランドのオタゴ大学が、先月「人々は髪が多い男性に対し、上司として男としての魅力をより感じる傾向がある」と論文を発表するなど、髪がもたらす人の印象に関しては心理学的な研究も進んでいる。

一方でスキンヘッドの男性の中には、すっきりと頭を刈ったことをまったく後悔していないと言う人も。自分が心地よい、似合っていると感じられる髪型で過ごすのが一番なのだ。そのうえで頭皮の健康にも日々気をつけたいところだ。

・合わせて読みたい→笠井信輔アナ、憧れのモックンに? 自らの手でスキンヘッドに

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

この記事の画像(1枚)