40代男女が孫娘へのみだらな行為を動画に 驚きの実刑判決が下る

常識を逸脱した性犯罪事件。被告人にきわめて重い量刑が言い渡された。

社会

2020/03/08 07:30

スマートフォンと女性
(OceanProd/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

幼い孫娘に性的ないたずらを働き、脇から様子を撮影した男女。異常な性犯罪、そして動画撮影の目的は…。ふたりが重ねた罪は非常に重い。



 

 

■掃除の際に偶然発見

米国ウェストバージニア州で2018年5月、離婚直後の女性が警察に元夫が小児性愛者で性犯罪の疑いがあることを相談し、これがきっかけで事件は明るみに出た。

女性は警察に「元夫はかつての交際相手であろう女とともに、女の赤ちゃんに性的いたずらを働いていた可能性がある。その様子を捉えた画像や動画を部屋の掃除をしていて発見し、これが原因で私は離婚を決意した」などと話したという。


関連記事:92歳女性を性的暴行致死 逮捕された21歳の男が抱える心の闇

 

■祖母が実の孫娘を…

警察は女性の元夫であるリチャード・スミス(41)、そしてスミスの元の交際相手であるロザンナ・トンプソン(46)に対する捜査を開始。

その後スミスのパソコンに、2015年2月にサウスカロライナ州チャールストンで撮影されたとみられる問題の動画や画像を複数確認した。

取り調べのなかで、まだ乳児であるトンプソンの実の孫娘をスミスが誘拐し、トンプソンがその赤ちゃんにみだらな行為を働き、スミスはその様子を脇から撮影していたことが判明した。

次ページ
■最高で775年の服役

この記事の画像(1枚)