コロナデマでトイレ紙のストックがつき… 「ドラッグストアの張り紙」に感謝

あいのり・嵐がブログを更新。ストックがゼロになっていたトイレットペーパーを購入することができたと報告すると、訪れたドラッグストアの気遣いに感心する声が寄せられた。

話題

2020/03/08 12:30

ドラッグストアの店内
(Kapook2981/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

『あいのり』(フジテレビ系)への出演で知られるタレント・ユーチューバーの五十嵐恭雄(愛称・嵐)がブログを更新。

ドラッグストアの張り紙のおかげで、トイレットペーパーを手に入れることができたと明かした。



 

■張り紙に注目

2~3日に更新したブログで、自宅のトイレットペーパーの残りが1ロールを切ったことを明かしていた嵐。原因は「コロナウイルスの影響でトイレットペーパーが不足する」というデマに流されるのが嫌で購入を躊躇したことだ。

しかし、ストックがゼロになったことでさすがに危機感を覚えて、ドラッグストアにオープン前に行ってみることにしたという。嵐が到着したときにはすでに他の客が列を作っていたのだが、店頭に置かれた看板に貼られていた紙に目を奪われることになる。


関連記事:トイレットペーパーが入荷するも… 「買えなかった理由」に共感の声

 

■入荷個数が明記されていた

そこには「本日の入荷状況 マスク0個 トイレットペーパー12個 ティッシュ10個 保湿ティッシュ10個」と具体的な入荷数が書かれていたのだ。

また、その下には「それ以上お並びいただいても商品はありませんし、風邪を引きます」と、並ぶ人を気遣うようなコメントも。この張り紙のおかげで並ぶことを決めた嵐は、その後無事にトイレットペーパーを購入することができたそうだ。

次ページ
■気遣いに感心