店名に難しい漢字を使っているラーメン店は激ウマ説を検証 埼玉『中華そば 馥』

店名に難しい漢字を使ってるラーメン店は美味しいのか検証

グルメ

2020/03/10 10:30

日本には星の数ほどあるラーメン店。どの店も違った美味しさがあるが、一部のラーメンファンの間で言われているのが「店名に難しい漢字を使っているラーメン店は激ウマ」という説である。

はたしてその説は事実なのか? 実際に難しい漢字を店名に使っているラーメン店へ行き検証するこの企画、第1回目は埼玉県草加市にある『中華そば 馥(かおる)』に行ってみたぞ。


画像をもっと見る

 

■中華そば 馥

馥とは「ゆたかな香り」という意味もあるらしく、店の外にもほんのりとしたいい香りが漂っている。

しらべぇ取材班が注文した『肉そば』(980円)。ランチタイムには各種ラーメンにご飯などセットが数種類から選べるので、記者は味玉を選択。


関連記事:ヒカキン、下積み支えた“伝説のラーメン”に感動 「黙っちゃうね…」

 

■ゆたかな香りのスープ

馥という名前を表現するかの如きゆたかな香りのスープを一口すすると、クリアな豚骨スープにその他の具材の旨味が溶け込んだ、非常に奥深い味が! コレはめちゃくちゃウマい。

麺は平打ちか細麺が選べるのだが、お店おススメの平打ち麺ともスープがよく合う。優しさのある味なのに旨味はしっかりしているので、毎日食べても飽きがこない美味しさである。


■1店目は激ウマだった

チャーシューも口の中でとろける柔らかさで、全体的に相当レベルの高いラーメンだという印象を受けた。まだ1店目だが、店名に使われている漢字の難しいラーメン店はとても美味しかった。

・合わせて読みたい→足立区綾瀬『中吉』の牛すじぶっかけラーメンが中毒レベルのウマさ

(文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事の画像(6枚)