藤森慎吾、相方が苦手だった過去を告白 「自分を殴りたい」

藤森慎吾がどん底時代に描き始めた日記を公開し、相方への思いを語った。

エンタメ

2020/03/11 06:45

藤森慎吾

お笑いコンビ・オリエンタルラジオの藤森慎吾が、自身のYouTubeチャンネルを更新。10年間書き溜めた日記を公開し、赤裸々な内容に多くの反響が寄せられている。



 

■「あのとき藤森はクズだった」

藤森が日記兼仕事のメモを書くようになったのは、2009年ごろ。「武勇伝バブルが終わってどん底に陥った年」だという。動画では1冊目の1ページを読む流れになり、藤森は「何を書いていたか覚えていない」と笑いながら文章を読み上げた。

そこには「当時やっていた番組の最終回。相方、客席で涙ぐむ(確実な嘘泣き)」と書いてあり、相方への辛辣な言葉に「おれ酷いこと書いてあるね!」と自らツッコミを入れる。


関連記事:オリラジ藤森の甥っ子、イケメン化がさらに進む 「このままだと…」

 

■相方の才能に負い目を感じた時期も

現在では相方・中田敦彦と仲が良いと言うが、10年前は違ったようだ。どうやら藤森は中田を「苦手、嫌いだな」と思っていたという。

というのも「あっちゃんの才能がすごくて、負い目を感じていたんだろうね。俺が足を引っ張ってるんじゃないかな、なんて…」と、かなり負い目を感じていたことが一因のようだ。

続けて翌日の文章を読むが、そこには「坂田師匠、おはじきを飲み込む」と書かれてあり、藤森は「なんじゃこりゃ、ちょっとよく分からない」と笑顔を見せた。

次ページ
■「過去に戻って自分を殴りたい…」