藤森慎吾、相方が苦手だった過去を告白 「自分を殴りたい」

藤森慎吾がどん底時代に描き始めた日記を公開し、相方への思いを語った。

エンタメ

2020/03/11 06:45


 

■「過去に戻って自分を殴りたい…」

動画の後半では、先輩芸人たむらけんじへの失礼な発言や、自身の父親に対する厳しい言葉を紹介。藤森は「過去に戻って自分をバチーンと殴りたい」と話した。

動画のコメント欄には「日記の振り返り企画、いいですね〜。沢山笑わせてもらいました!」「過去をちょこっとだけ垣間見れているような気がして、とても面白いです」など好意的なコメントが寄せられている。中には、おはじきを飲み込んだ坂田師匠を心配する声も。


関連記事:オリラジ藤森、さらにムキムキ化の進んだ腕にファン驚愕 「ウソだろ…」

 

■日記をつけている割合は…

記録にもなる日記だが、最近では書いている人も少ないのではないだろうか。しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,721名を対象に調査を実施したところ、「日記をつけている」と答えた人は、全体で14.4%だった。

日記をつけているグラフ

藤森は最後、いつの時代の日記を読んでほしいか視聴者にコメントを呼び掛けている。10年間何を思いどんな文章を残してきたのか、今後の動画で少しずつ明かされていくことだろう。

・合わせて読みたい→藤森慎吾、イタリアンシェフの兄と2ショット 「似てる」「イケメン兄弟」と反響

(文/しらべぇ編集部・大五郎

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年5月17日~2019年5月22日
対象:全国10代~60代の男女1,721名(有効回答数)