トイレ紙買い占めた女性と10日ぶりに遭遇 「店員に放った言葉」に驚いた…

放送作家で芸能コラムニストの山田美保子氏がブログを更新。トイレットペーパーを買い占めていた高齢女性と10日ぶりに遭遇したと綴った。

話題

2020/03/11 13:30


 

■「デマだとわかってるはずなのに…」

合計120ロールものトイレットペーパーをたった10日で消費したのか、非常にあやしいところだが、店のルールを尋ねるようになったのはいい変化と言えるだろう。

今回のブログ記事に対し、コメント欄では「みんなデマだとわかっているはずなのに…」「全国的に早く品不足が解消されること願っています」などの声が寄せられている。


関連記事:トイレットペーパーを買おうとした妊婦 近くの客の言葉に「悲しくなった…」

 

■7割強が「モラルを意識」

一部の人々の買い占め行為により、一時的に不足していたトイレットペーパー等の紙製品。イオン等のスーパーでは出荷が追いつき始めており、品薄も解消されつつあるが、モラルの低い人の多さを感じさせる出来事であった。

ちなみに、モラルについてはこんなデータがある。しらべぇ編集部が全国10~60代の男女1653名を対象に「マナーやモラルを意識している」か尋ねたところ、全体の72.7%が該当したのだ。

調査マナー

男女年齢別で見ると、60代男性が一番の高ポイントで82.9%。次いで60代女性が79.6%と、60代が全体で見ても高い割合だ。

中高年層の中には「自分はマナーやモラルを意識している」と考えている人が多いようだが、山田氏が遭遇した高齢女性に関して言えば、モラルやマナーがなっているとは到底言えないだろう。

・合わせて読みたい→ヒカキン、デマ情報の拡散に注意喚起 伝え方に「大人な対応」と称賛

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日
対象:全国10代~60代の男女1653名 (有効回答数)