マツコ、結婚を決める重要条件に共感の声 「納得」「大事!」

マツコが、番組に出演したプレゼンターの男性に、思わず求婚してしまう一幕が。その理由に、多くの反響が寄せられている

エンタメ

2020/03/11 15:00

マツコ・デラックス

10日放送の『マツコの知らない世界』(TBS系)では、7,500種類以上の袋麺を食べた大和一郎氏が、プレゼンターとして出演。番組の途中で、マツコ・デラックスが大和氏に思わず求婚してしまう一幕があった。



 

■マツコ「マヨら~めん」を絶賛

ご当地袋麺を紹介するコーナーにて、数ある商品の中から、マツコは大阪府の「マヨら~めん」を手に取る。大和氏から「スープがマヨで、麺はラードで揚げている」との解説が入ると、「これだけは作って! お願い!」と、マツコはスタッフに懇願した。

調理されたものが運ばれてくると、その香りに「あ、マヨ~! 超マヨ!」と感激し、スープを口に含むと恍惚とした表情を浮かべながら「これうまい~」と絶賛する。


関連記事:マツコ&有吉が「目的の商品を買い忘れる心理」を分析し共感殺到

 

■「味覚」がピッタリで思わず求婚

そして、マツコは「お酢を垂らしたちゃんぽんみたいな味」「ちょっと洋風な感じもあるのよ、何かのポタージュスープに麺を入れたみたいな…」と、的確にマヨら~めんの味を説明していく。

すると、大和氏は「すごい…そこまで分かります?」「じつは、このラーメン僕が作ったんです」と明かした。

まさかの展開に、マツコは「何この屈辱感」とこぼしつつ、「え、もう結婚する? 味覚超合ってんじゃん!」と思わず求婚。パートナーと味覚が合うかどうかは、マツコにとって重要なことなのだろう。


■視聴者からも共感の声

ジョークとして飛び出したマツコの求婚発言だが、「パートナーと味覚や食の好みが合うかどうか」というポイントには、多くの視聴者が共感したようだ。

ツイッター上には「マツコが今言った『味覚が合う』って一緒に生活する上で1、2を争うぐらい大事なことだと思います。納得」

「『味覚が超合うから結婚する?』と、ちょっと前にバズってた杉本彩さんの『結婚相手の条件は親族に変な人がいないこと』ってやつが個人的にはどちらも譲れないくらい大事」といったコメントが見られる。

結婚を考える相手と本当に生涯暮らしていけるのか、お互いに判断するため、様々な料理を一緒に食べてみるというのも、良いのかもしれない。

・合わせて読みたい→有吉&マツコ、ATMマナーに物申す ネット共感の嵐「めっちゃ分かる」

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい