Facebookロンドン支社が新型コロナ関連で閉鎖 国際色豊かなオフィスの現実

オフィスの顔ぶれは常にインターナショナル、そんな企業・団体は新型コロナウイルスへの警戒心も強いようだ。

社会

2020/03/12 12:00

ロンドン
(Vladislav Zolotov/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

3月11日午後12時30分現在、380名を超す新型コロナウイルスの感染者と6名の死者が確認されている英国。ビジネス街、繁華街ではマスク姿の人が一気に増えた模様だ。

ロンドン支社が数日間にわたり閉鎖していたことがわかった。消毒作業を兼ねたものだという。



 

■ロンドン中心部にオフィス

人気のカフェやホテル、ビストロ、有名メディア、広告会社などが並び、市のランドマークでもあるBTタワーを擁するロンドン中心部のフィッツロビア地区。

そこにオフィスを構えるFacebookロンドン支社では、今月6日午後3時より9日まで3つのオフィスが閉鎖され、3,000人の従業員が自宅待機となっていた。原因はやはり新型コロナウイルスだった。


関連記事:体調不良が続く男性 「新型コロナウイルスに違いない」と家族を思って自殺

 

■シンガポール支社から来訪者

2月24日から26日まで、シンガポール支社の従業員を迎えていたというロンドン支社。その1名が帰国後に体調を崩し、検査で新型コロナウイルスに感染していることが判明した。

ロンドン支社はその連絡を受け、濃厚接触者を含めたすべての従業員の自宅待機を決断。オフィスも数日かけて完全なる消毒が行われたという。

次ページ
■国際色豊かなオフィス

この記事の画像(1枚)