明石家さんま、ロケ中の奇行にスタジオ唖然 「ヤバイ人」「怖い」

『今夜くらべてみました』で明かされた明石家さんまのロケ中の奇行が、ネットで話題に。

エンタメ

2020/03/12 07:30

明石家さんま
(写真提供:JP News)

11日放送の『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました』(日本テレビ系)では、MC・フットボールアワーの後藤輝基が、ロケ中に見た明石家さんまの奇行を暴露。その内容に、ネットからは驚きの声が上がっている。



 

■IMALUの悩み

今回番組ゲストとして、IMALUが出演。”お笑いモンスター”の娘であるがゆえの悩みを暴露した。なかでもスタジオが一番盛り上がったのは、「会話中の間」が怖くなるというもの。

家ではさんまが喋り続けるために、会話に間が存在することがなく、だからこそ友達同士で喋っている際にシーンとなると、居ても立ってもいられなくなってしまうのだそう。

この話に、すかさず乗っかる後藤。「5〜6時間の収録終わったあと、飲みの場でも喋りつづける」とエピソードを加え、スタジオを笑わせた。


関連記事:明石家さんま、電車内でのファンサービスに河本準一も感動 「神です」

 

■カメラのないところで…

さらに後藤は、他番組のロケで共演した際の出来事を明かす。それは、カメラが回っていない際のこと。犬を見つけたさんまは、餌の入っていない皿を目の前に起き、反応を試し始めたのだという。

餌がないことが分かり、当然のようにそっぽを向く犬。するとさんまは、皿を持ち上げ、再び目の前に置く。またそっぽを向く。再度、皿を持ち上げるが、今度は餌を入れて置く。

がっつくように食べ始める犬に向かって、なんと「『3回目は入ってんのかい』と言え」とツッコんだのだと言う。このエピソードに、スタジオからは「めちゃくちゃ怖い」「ヤバイ人」と悲鳴が相次いだ。

次ページ
■「天才は変わってる」