イタリア・新型コロナ医療現場が大荒れ 「助かる若い患者優先」も現実的に

新型コロナウイルス感染者が数日で急増し、中国に次いで1万人を突破したイタリア。現地の病院関係者からのコメントにより状況が見えてきた。

社会

2020/03/13 12:00

イタリア
(Andrea Colarieti/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

世界保健機関(WHO)が、ついに世界的流行となる「パンデミック」を宣言した新型コロナウイルス。日本時間の3月12日午前10時30分現在で感染者12,462名、死者827名と報じられているイタリアでは、医療従事者のリアルな声が大きな話題となっている。



 

■集中治療室が定員オーバー

財政赤字の削減を目的にここ5年間で700を超す医療機関が閉鎖に追い込まれ、医薬品も不足、医師も看護師もそれぞれ5万人以上が不足という最も悪い状況下で新型コロナウイルスとの闘いを強いられているイタリア。

各地域の拠点医療機関では新しい感染者や患者が増え続け、中国に次いで感染者が1万人を突破。集中治療室のみでの対応が困難になると手術室や回復室を利用して患者を隔離する病院まで現れている。


関連記事:新型コロナウイルス感染の妊婦が赤ちゃんを出産 「最初の検査では陰性」

 

■人々の不安をよそに…

新型コロナウイルスの感染拡大が収まらないイタリアでは、20州すべてで感染者が出たことを受け、それまで北部のみが対象だった人々の移動制限措置が10日から全土に広げられた。

医療スタッフが感染する例も相次ぎ、戦力そのものが弱体化している医療現場。人々はしっかりとした治療を受けられないのではという不安を募らせているが、それがいよいよ「患者のふるい分け」という形で現実味を帯びてきたようだ。

次ページ
■パンク状態なら「助けられる命」が優先

この記事の画像(1枚)