人気に納得 全国展開された『バタースコッチラテ』のコクがすごい

ロースタリー東京の人気商品『バタースコッチラテ』が全国で販売開始。しらべぇ編集部でチェックしてきたぞ。

2020/03/13 08:00

スターバックスバタースコッチラテ

「スターバックス リザーブ ロースタリー東京」の1周年を記念して、人気ビバレッジ『バタースコッチ ラテ』が全国展開された。ロースタリー東京は、上質なコーヒー体験ができるコーヒーのワンダーランド。そんなお店で人気とはどんな味なのか、しらべぇ編集部でチェックしてきたぞ。


画像をもっと見る

 

■やさしいお味

今回のスターバックスは「New Latte, Love Coffee」として、ルーツのひとつ「ラテ」を再構築したそう。そんな想いが込められた『バタースコッチ ラテ』(Short ・420円 /Tall・460 円/Grande・500円 /Venti・540円 ※すべて税抜)がこちら。

スターバックスバタースコッチラテ

バタースコッチソースに、エスプレッソとスチームしたミルクを注いている。

ひとくち飲むと、とても優しい甘さが口のなかに。バターがまろやかで、コクがありつつも甘すぎず、なによりミルクとのバランスがちょうどいい。甘いものが苦手な人でも飽きずに飲めそうだ。

スターバックスバタースコッチラテ

エスプレッソは、ロースタリー東京で焙煎したコーヒー豆「TOKYO ROAST」(1,240円・税抜)を使用。ロースタリー東京を味わえるのが嬉しいところ。


関連記事:スタバ新作で春の先取りをしよう 人気シリーズ「SAKURA」がスタート

 

■アレンジフラペチーノ

そんな『バタースコッチ ラテ』をアレンジしたのが、こちらの『バタースコッチ コーヒー ジェリー フラペチーノ』(Tallのみ・590円/税抜)。見るからに美味しそうな色だ。

スターバックスバタースコッチラテ

バタースコッチソースの中には、エスプレッソローストで作った、スタバオリジナルのコーヒージェリーがたっぷり。

スターバックスバタースコッチラテ

ひとくち飲むと、まろやかなミルクと一緒に、コーヒージェリーの奥深い味わいが。ジェリーは甘さ控えめなので、バタースコッチソースの甘さとほろ苦さにマッチする。デザート感覚でも楽しめる一品だ。


■新ミルク使用のラテも

さらに新しいミルクを使用したラテも新登場。植物性ミルク使用の『アーモンドミルクラテ』(Short ・390円 /Tall・430 円/Grande・470円 /Venti・510円)と、『オーツミルクラテ』(Short ・390円 /Tall・430 円/Grande・470円 /Venti・510円 ※すべて税抜)の2種。

スターバックスバタースコッチラテ

馴染み深い「アーモンドミルク」は、とても香ばしくエスプレッソととても合う。オーツ麦から生まれた「オーツミルク」は、麦の香りがただよい、香ばしさはあるもののとても優しい味わいだ。まだ日本ではあまり普及されていないものだそう。

ミルクはカスタマイズとして注文もできるので、今回の新商品など様々なドリンクと合わせてみるのもオススメだ。この機会に上質のコーヒー体験をしてみてはいかがだろうか。

・合わせて読みたい→スターバックスリザーブ1周年 限定メニューを食べ尽くしてきた

(文/しらべぇ編集部・Sirabee編集部

→【Amazon】対象は2万冊以上! Kindle本夏のビッグセール【最大50%OFF】

スターバックス新商品フラペチーノスターバックス リザーブ ロースタリー東京オーツミルクバタースコッチラテ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング