聖火リレーがスタート 第一走者の選手が美しすぎると話題に

東京五輪の聖火採火式が12日、ギリシャで行われた。聖火リレーの第一走者を務めたアナ・コラカキ選手が美しすぎると、話題になっている

スポーツ

2020/03/13 13:30

12日、東京五輪の聖火採火式が、古代オリンピック発祥の地・ギリシャ西部のオリンピア古代遺跡で行われた。第一走者を務めたギリシャのアナ・コラカキ選手が「美しすぎる」と、インターネット上で話題になっている。



 

■聖火リレーは予定通りスタート

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けて、世界保健機関(WHO)がパンデミックを宣言するなど開催が危ぶまれる中、聖火リレーは7月24日の大会開幕に向けて、予定通りスタートを切るかたちに。

しかし、採火式のリハーサルは非公開、式典当日もオリンピック史上初となる無観客で行われた。

神殿の前に巫女の衣装をまとった女性たちが並び、鏡に集まった太陽光でトーチに炎が灯される式典の様子は、オリンピックチャンネル公式インスタグラムなど、各種大会公式SNSでも見ることができる。


関連記事:北島康介、2度の聖火ランナー経験は「どっちも緊張した」

 

■史上初となる女性第一走者

聖火リレーの第一走者を務めたのは、16年リオ五輪にて、射撃女子25メートルピストルで金メダルを獲得した、ギリシャのアナ・コラカキ選手。なお、五輪聖火リレーの第一走者を女性が務めるのは、アナ選手が史上初となる。

アナ選手がトーチを持って走る姿は各国のメディアで大きく報道され、「聖火リレー炎第一走者、だれ? すんごい美人」「ド美人やん」「美しすぎて朝から元気もらえたわ…」など、その美貌がインターネット上で話題を集めている。


■日本でのリレーは20日からの予定

アナ選手から聖火を引き継ぎ、第ニ走者を務めたのは、04年アテネ五輪のマラソン金メダリスト・野口みずきさん。

聖火はこの後、ギリシャでのリレーを経て19日にアテネで引き継ぎ式が行われる。今月20日には、宮城県の航空自衛隊松島基地に到着し、いよいよ日本での聖火リレーがスタートする予定だ。

・合わせて読みたい→陣内智則、聖火ランナーに就任 練習風景が「ヤバい超かわいい」

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

この記事の画像(1枚)