クリス松村、コロナ対策で持ち歩いているモノ 「もしものことがないとは…」

新型コロナウイルスへの対策として、クリス松村が持ち歩くようになったモノをブログで告白。一人ひとりが感染予防を強く意識することが大切であると、改めて訴えた

エンタメ

2020/03/13 18:20

マスクと体温計
(hayakato/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

タレントのクリス松村が、13日に自身のブログを更新。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、最近持ち歩くようになったモノを明かした。



 

■芸能界でも「検温」徹底

新型コロナウイルス関連の報道を受けて、「ブロードウェイも1ヶ月、全公演中止、メジャーリーグも開幕中止」「ついにここまできたか…という感じの新型コロナウイルス騒動」とつづったクリス。

芸能界でも「収録も収録予定の10日前から体温チェックを求められました」「これとは別にこれから毎日、建物の入り口で体温をチェック」といった対策が取られているようだ。

こうした状況を受けて、クリスはすでに「マイ体温計」を携帯するようにしてるという。


関連記事:柏木由紀、AKB48イベント中止に言及 「次会えた時の喜びがもっと大きく」

 

■「自分だけは大丈夫」は愚かな考え

また、クリスは「今朝のニュースを見ても、世界中が大変なことになっています」ともコメント。

「個人個人の責任も問われるし、熱がないという証明などが必要にますますなってくるでしょう」とし、ブログ読者に向けて「自分だけは大丈夫という行動は愚かな考え」と訴えた。

そして、ブログの後半では「2020…日本にとっても残念な知らせがくる可能性も覚悟しながら」ともつぶやいている。


■「やれることはやる」

クリスは、センバツ高校野球の中止が発表された11日にも、ブログを更新。「学生時代、スポーツ、二度とないときに起きたこの事態で、気持ちの切りかえには時間がかかると思いますが、乗りこえてほしいです」と、球児たちに寄り添った。

そして「このような異常事態を長引かせないためにも、ひとりひとりの意識、行動がますます大切ですね」とコメント。

「手洗い、うがい、消毒はもちろんですが、私は、毎日の体温をしっかり計っています」「自分自身の管理をシッカリしないと…自分が知らず知らずにうつしてしまう可能性もないとはいえませんから」と強調していた。

これ以上感染を拡大させないためにも、「自分は大丈夫」などと過信せず、できる限りの対策を心がけていきたい。

・合わせて読みたい→インリン、新型コロナウイルスの影響で… 「パン屋で見た光景」に驚愕

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

この記事の画像(1枚)