自分のやりたいことがわからない… 年を重ねてようやく見えたやりがいとは

自分のやりたいことが見えていれば、毎日は楽しいだろう。しかしそれがわからず、悩んでいる人も多いようだ。

2020/03/14 18:40


 

■50歳を超えてやりたいことを

男女ともに、50代を超えると一気に割合が減るのも興味深いところだ。

「子供も手が離れたので、僕も妻も自分の時間を大切にするようになった。僕は昔から釣りが好きだったけれど、最近は行く回数が増えている。


妻は子供の頃から習っていたピアノを再び弾くようになり、二人とも第二の人生を楽しんでいる。自分に余裕がないと、やりたいことは見えにくいのかも」(50代・男性)


関連記事:心の中で自分を応援するときがある? 電車の中の腹痛で自分にエールを…

 

■仕事がやりがいに

仕事を続けているうちに、やりがいになった人もいる。

「僕も今の会社に就職して働き出した頃には、だんだんとやりたいことを見失ってきていた。そこで辞めてしまおうかと思ったけれど、取り組んでいるうちにだんだんと仕事の楽しさが見えてきて。


今は仕事にとてもやりがいを感じているので、あのとき辞めないで本当によかったと思っている」(30代・男性)


目の前のことに追われていると、やりたいことを見失いがちになってしまうのかも。

・合わせて読みたい→優しい笑顔ができる人の割合は… 仕事のミスまでカバーできてしまう人も

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2019年12月13日~2019年12月18日
対象:全国10代~60代の男女1,798名(有効回答数)

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

趣味人生調査
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング