乃木坂46・掛橋沙耶香、ドラマ『サムのこと』の役に「運命を感じた」

西加奈子氏の短編小説をドラマ化した『サムのこと』に出演する乃木坂46・掛橋沙耶香にインタビューを行った。

掛橋沙耶香

西加奈子氏の短編小説をドラマ化した『サムのこと』が、3月20日から、映像配信サービス「dTV」にて配信開始される。

しらべぇ取材班では、主演の遠藤さくらをはじめ、乃木坂46の4期生メンバーが出演することで注目を集める本作の撮影現場を訪れ、モモ役を演じる掛橋沙耶香に話を聞いた。


画像をもっと見る

 

■モモ役に運命を感じた

―――モモは自身もアイドルをしながら、妹の順調なアイドル活動に嫉妬し、ネットでネガキャンをしてしまうという役柄ですが、最初にキャスティングが決まったときはどのように思われましたか?

掛橋:最初に台本を読んだとき、モモが自分に似ているところもあって運命を感じました。その翌日くらいにフィッティングをしたのですが、衣装を見たら、ほとんど私が持っている服と同じ系統だったんです。この役をいただけけて嬉しく思いました。


―――好きなファッションもそうですが、性格も似てるところがあるのでしょうか?

掛橋:持ち物や好み、自信がないところも少し似ていて、とても愛着が湧いています。今では、ドラマの撮影が終わったらもう「モモちゃん」って呼ばれなくなると思うと寂しく感じます。


関連記事:乃木坂46・早川聖来、金川紗耶、田村真佑が語る『サムのこと』

 

■自分の演技の幅が広がっていく感覚

遠藤さくら
(©西加奈子・小学館/エイベックス通信放送)

―――モモを演じるうえで心がけていることはありますか?

掛橋:自然な感じで話すことです。「役になりきらないと」って思うと、他の4人のメンバーが初対面に見えて演技がよそよそしくなってしまうので、「宇田川ホワイトベアーズに所属している私」と思うようにしていました。


―――難しかったシーンは?

掛橋:カラオケ店の外の階段で、サム(遠藤さくら)に問い詰められるシーンです! ほのぼのとしたカットと違い緊迫感があって、焦りを表現するのも難しかったです。


でも、一番と言ってもいいくらいに楽しかったです! 難しい演技をするからこそ、自分の演技の幅が広がっていっている感覚をひしひしと感じました。

次ページ
■お姉さんメンバーふたりの明るさが支えに

この記事の画像(3枚)