納言・薄幸、23歳年上の先輩芸人とガチデートも「急に連絡がなくなって…」

『さんまのお笑い向上委員会』でお笑い第7世代の納言・薄幸が先輩芸人との恋愛関係を明かして…

エンタメ

2020/03/15 15:00

納言・薄幸
(画像は薄幸公式ツイッターのスクリーンショット)

14日放送『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)で、お笑い第7世代の納言・薄幸が出演していた先輩芸人とのガチデートを暴露。ファンを騒然とさせている。



 

◼薄幸の暴露

阿佐ヶ谷姉妹がゲスト出演し、女芸人の恋愛事情を赤裸々に語ったこの日。妹役の木村美穂が「好みの男性のタイプは名優・マーロン・ブランド」だと明かすと、「少しだけ似ている」とずん・やすが話題の中心に。

ここでお笑い第7世代でやさぐれたキャラで人気を博す薄が口を開き、「1個だけ聞きたいことがある」とやすに声をかける。

「20歳くらいのとき、5~6年前にやすさんとめちゃくちゃデートしていた」と突然の暴露。周囲は「聞いてない」「なんで言わないんだ」とやすに詰め寄るが、当のやすはなにも言えずその場に立ち尽くすばかりだった。


関連記事:カズレーザー、女性芸人のヤバすぎる嗜みに驚愕 「何なのよ…」

 

◼出会いと別れ

薄は続けて「初デート西日暮里でやりましたもんね」と明かしていくも、周囲から黙っていた点を詰め寄られたやすは「なんでしょうね」と困惑するばかり。

それでも、流れ星・瀧上伸一郎の紹介で出会った2人だが、デートを重ねたものの付き合うまでは進展していなかったと明らかになる。

さらに「野球デートを最後に、ある日突然、急に連絡がとれなくなった」と嘆く薄に対し、「一歩踏み出せなかった」と当時22歳だった薄にビビってしまった45歳の男の本音を漏らした。

次ページ
◼視聴者も反応

この記事の画像(1枚)