乃木坂46・遠藤さくら「4期生全員が仲良し」 ドラマ撮影でも和気藹々

dTVオリジナルドラマ『サムのこと』で主演を務める乃木坂46・遠藤さくらにインタビューを行った。

遠藤さくら

西加奈子氏の短編小説を実写化したオリジナルドラマ『サムのこと』が、映像配信サービス「dTV」で3月20日より独占配信される。

本作には、主演の遠藤さくらのほか、早川聖来、田村真佑、掛橋沙耶香、金川紗耶、筒井あやめ、矢久保美緒ら、乃木坂46の4期生メンバーが出演。全員がドラマ初出演ということもあり、ファンの間で大きな話題になっている。

しらべぇ取材班では、そんなドラマの撮影現場に密着。自由奔放で独自の世界観を持つ主人公・サム役を演じる遠藤にインタビューを行った。



 

■じつはお節介焼きな女の子

―――遠藤さんが演じられるサムはどんな役ですか?

遠藤:あまり物事に興味がない、めんどくさがり屋のように見えるけど、お節介焼きなところもある女の子です。


―――物事に無関心なように見えるけど、じつは周りをよく見ている。一体どんな女の子なのか、ドラマが楽しみです。サムを演じる上で心がけたことはありますか?

遠藤:サムと私はタイプが違うと思ったので、あまり自分を出さないようにしました。初めてのドラマ撮影で難しいところはあったんですけど、なるべく自分を出さずに、どうしたらサムに近づけるかを考えていました。


―――遠藤さんはお節介を焼いたりすることはないですか?

遠藤:そうですね。最初は「お節介ってどうやって焼くんだろう?」と思ったくらいです(笑)。


関連記事:乃木坂46・掛橋沙耶香、ドラマ『サムのこと』の役に「運命を感じた」

 

■乃木坂の先輩の演技を見て勉強

―――自分とは全く違うタイプの役を演じるというのは難しいのかなと思うのですが、役作りはどのようにされましたか?

遠藤:乃木坂46の先輩方の演技を参考にさせていただいたり、自分の周りにいる、サムと雰囲気が似た子を見て勉強しました。


―――ちなみに、乃木坂46の中で「この人の演技を参考にした」という方はいらっしゃいますか?

遠藤:『この人の演技を参考にしよう』という特定の方はいないのですが、乃木坂46で活動されている先輩の演技だけでなく、卒業された先輩方のお芝居も見せていただいています。


―――サムという役を演じる中で、特に印象的だったことはどんなところですか?

遠藤:アリやスミとふたりきりのシーンを演じたとき、「サムはふたりのことも全部お見通しなんだ!」って。すごいなあって思いました。

次ページ
■『ラヴ・イズ・オーヴァー』選曲の理由

この記事の画像(2枚)