スピルバーグ監督が23歳娘のAVデビューを応援する辛い理由 カギを握る47歳婚約者

若い女性は恋人の発言に影響されやすいもの。彼が「僕は気にしない。応援する」と言えば話はトントン拍子に進んでしまうだろう。

社会

2020/03/16 08:20

女性下着・パンティ
(riskms/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

映画『E.T.』『ジュラシック・パーク』シリーズ、『インディ・ジョーンズ』シリーズの爆発的ヒットで知られるスティーヴン・スピルバーグ監督。彼の若い娘がポルノ映画に出演するなど、誰が想像しただろうか。



 

 

■映画界の巨匠の娘だが…

少し前に「ポルノの道に進みました」と告白して世間を仰天させた、アメリカの映画監督スティーヴン・スピルバーグ(73)の娘ミカエラ(23)。女優として惜しげもなく恥部をさらすというのだ。

そんなミカエラに対して、「映画界の巨匠を父親に持ちながら、なんと恥ずかしい娘だ」「なぜポルノなんだ。父親の顔に泥を塗るつもりか」などと非難する人たちも少なくなかった。


関連記事:池田エライザ、「痩せ」の基準に疑問 「エラちゃんが…」とツッコミも

 

■両親との関係は良好

度肝を抜くような大きなバストが自慢のミカエラ。シュガースター(Sugar Star)と名乗る彼女の裸体の画像や動画がネットに出回っていることに、人々は「父親のスティーヴンもさぞかし泣いていることだろう」と同情してきた。

だがミカエラは、このほど英国メディア「The Sun」とのインタビューで「両親は悲しんだりしていない。恥ずかしいとも言わないし、私の活躍を期待してくれている」と発言。今度は、娘のポルノデビューを許すなどスティーヴンは正気かと話題になってしまった。

次ページ
■スピルバーグ監督夫妻の別の不安

この記事の画像(1枚)