二番目に新しい山手線駅『西日暮里』 自虐ネタが限界突破してしまう

自虐ネタがキレキレと話題に『西日暮里駅』だが、その切れ味は衰えることを知らず…。

話題

2020/03/16 17:20

日本で一番高い山が富士山であることは国内だけでなく、海外でも広く知られている事実。しかし日本で二番目に高い山の名前は、知っている人のほうが少ないのではないだろうか。

ここ数日、ネット上では二番目に新しい「山手線の駅」が注目を集めている。



 

■自虐に振り切ったネタが…

14日に、『高輪ゲートウェイ』駅が操業を開始。これにより一番新しい山手線の駅は同駅となり、1971年に開業した『西日暮里』駅は二番目に新しい駅となった。

この事実をいち早く受け入れた西日暮里駅では、「二番目じゃダメなんでしょうか」「四十八年の末っ子歴に、終止符」といった自虐的なメッセージのポスターが構内に多数貼られることに。


関連記事:高輪ゲートウェイ駅がすでに“ガラガラ”と話題 平日午前に直撃した結果…

 

■Xデーを迎えて…

西日暮里駅がここまで自虐ネタを見せるのは、どうやら駅に置かれたスタンプのデザインと関係があるようだ。つい先日までは「山手線で一番新しい駅」と彫られたスタンプが設置されていたが、しらべぇ編集部が16日に同駅を訪れると、「先日まで山手線で一番新しい駅でした」という自虐ネタ満載のスタンプを発見。

西日暮里駅スタンプ

近くには「ほとんど変わりませんでした」という、これまた尖ったセンスのポスターが貼ってある。スタンプに彫られた「先日まで」というワードが気になり、しばらく経ったらまたデザインを変える予定があるのか、駅員に事情を聞いてみると…。

駅員:今のところ、変更の予定は全くないです。恐らく、この先何年が経過しても、「先日まで」というワードを使ったままだと思います。今回は滅多にない交代劇ということで、このようなユーモアある表現を狙ってみました。


■現在のポスターは…

ちなみに変わったのはスタンプだけでなく、構内に貼られていたポスターも同様。「これからは『普通の駅』に戻ります」といった意思表明のほか、「祝! 開業 高輪ゲートウェイ駅」といったように、開業したてで弟的存在でもある高輪ゲートウェイ駅を祝福する暖かいメッセージも見られた。

果たして次に山手線の新駅が誕生したら、西日暮里駅はどんな反応を見せるのか。また高輪ゲートウェイ駅も、先人に倣って切れ味抜群の自虐ネタを披露してくれるのだろうか。

・合わせて読みたい→銀座線渋谷駅移設完了に鉄道ファンも歓喜 ホーム安全扉がない理由を直撃

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

この記事の画像(1枚)