川田裕美アナが酷いつわりでスタジオに持ち込んだモノ 「頑張りすぎ…」

第一子妊娠中の川田裕美アナが、最もつわりが酷かった時期に実践していた対処法を告白。収録スタジオに持ち込んでいたものは…

エンタメ

2020/03/19 08:20

川田裕美

現在、第1子妊娠中のフリーアナウンサー・川田裕美が、17日に自身のブログを更新。つわりが酷かった時期、収録スタジオに持ち込んでいたものを明かした。



 

■1日中吐き気に襲われていた時期も

「つわり対策」というタイトルで、ブログを更新した川田アナ。今年1月~2月が最もつわりがツラい時期だったそうで、「一日中気持ち悪く、夜は特に起きているのもツラかったです」と振り返る。

料理中のにおいもつらく、買い物に行くことも困難だっため、夫に買い物を頼んだり、宅配などを利用して乗り切ったようだ。

そんな時期でも仕事を続けていた川田アナは、仕事に行く際「粉末のポカリスエット」が重宝していたそうで、水に溶かしたものを収録スタジオにも持ち込んでいたという。

「薄めに作ると、水よりスッキリする感じでかなり助けられています!」とも解説している。


関連記事:川田裕美アナ、スキップできないのはウソ? 「何度もやらされて…」

 

■「頑張り過ぎ」と心配の声

一口に「つわり」と言っても、その程度には大きな個人差があり、「吐きづわり」や「食べづわり」など、タイプによっては対処法も異なってくる。

買い物へ行くこともツラかったにも関わらず、ポカリスエットをお供に仕事に励んでいた川田アナ。ファンからは「ツワリが酷かったんですね…」「ゆっくり休むのことも、今のママの大事な仕事なので、無理せずゆっくり休んでください」「頑張りすぎが心配です」と、心配の声が寄せられている。


■全てのお産は「奇跡」

妊娠を公表するまで、表舞台に立つ際にはこれまでと変わらず、プロとして振る舞い続けていた川田アナ。新しい命を宿すということは、それだけ大変なことなのだと改めて感じさせられる。

なお、しらべぇ編集部が全国の20代~60代の男女1,348名を対象に実施した意識調査では、全体で37.4%の人が「全てのお産は奇跡だと思う」と回答した。

お産は奇跡グラフ1

医学が発達した現在でも、妊娠した女性たちはつわりと戦い続けている。体調不良をおして仕事を続けている川田アナ。決して無理をせず、無事に元気な赤ちゃんを出産してほしい。

・合わせて読みたい→「生放送中に破水したい」 高橋真麻、独特すぎる出産観に父・英樹も仰天

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日
対象:全国20代~60代の男女1348名(有効回答数)