さくらももこさん、幻の卒業ソング公開へ 新型コロナ影響受け関係者が決断

『ちびまる子ちゃん』などで知られる漫画家・さくらももこさんが作詞を手掛けた幻の卒業ソング『春のうた』が、期間限定で公開されることが決定

2020/03/19 15:40

19日、LINE株式会社は、『ちびまる子ちゃん』などの作品で知られる漫画家・さくらももこさんが作詞を手掛けた、幻の楽曲『春のうた』を、LINEBLOG内で期間限定で公開することを発表した。



 

■2015年に制作された幻の卒業ソング

さくらももこ
(©M.S/集英社コミック文庫『ひとりずもう』下巻より)

人生の節目を大切に、そしてお祝いすることが好きだったというさくらさん。2015年に「卒業式や卒業シーズンにみんなで歌える曲を」と、さくらさんが作詞を手掛け、作曲家の山崎燿氏と歌手・けこりとともに制作したのが、『春のうた』だった。

正式なリリースはされておらず「幻の名曲」となったが、さくらさんの優しさやあたたかさが込められた曲として、多くの関係者の心に残っていたという。


関連記事:新型コロナで卒業式中止・縮小の学生たちを応援 『リトグリ卒業ライブSP』YouTube配信決定

 

■卒業式の縮小受け公開を決断

さくらさんが逝去してから2度目の春を迎える今年、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、全国の卒業式・卒園式が中止や規模縮小を余儀なくされている。

そうした事態を受けて、曲の存在を知る関係者が、卒業する人々へのお祝いとして卒業シーズンに『春のうた』を公開することを決めたという。


■聴く人の心をあたたかく包む

「さくらが舞い散る中で 僕らは出会った」という歌詞から始まり、学校時代の思い出や感謝がつづられている『春のうた』は、聴く人の心をあたたかに包む4分27秒の卒業ソング。

さくらさんは制作中に「卒業式で歌う曲をずっと作ってみたかった。みんなが歌う定番の曲になってもらえたら、すごく嬉しい、でも、みんなが歌ってくれたりしたら泣いちゃうな」とも話していたという。

『春のうた』は、LINE BLOG内『さくらももこのオフィシャルブログ』から聴くことができ、本日3月19日(木)から、24日(火)までの限定公開となる。

・合わせて読みたい→スタバ「SAKURA」第2弾スタート さくらんぼコラボが美味すぎた

(文/しらべぇ編集部・越野 真由香

→Amazonタイムセール祭り9月24〜27日 ポイントアップ&配送料無料商品多数

LINEちびまる子ちゃん卒業式さくらももこ新型コロナウイルス春のうた山崎燿けこり
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング