日本初・明太子テーマパークも新型コロナで大打撃 「苦渋の起死回生策」がSNSで話題

来店者・売り上げともに大打撃の中、「家族そろっての食事を楽しんでほしい」という想いが…

話題

2020/03/20 12:30

新型コロナが経済界に深刻な影響をもたらしていることで、政府は緊急経済対策の一環として、現金を給付するなどの直接的な家計支援を実施する方向で検討に入った。

そんな中、外出・外食を制限されて、「つらい思いをしている人たちへの応援企画」を実施中のテーマパークが、話題を呼んでいる。しらべぇ取材班は、日本初・日本唯一の明太子専門テーマパークから、詳しい話を聞いた。


画像をもっと見る

 

■明太子好き聖地からのメッセージ

めんたいパーク
(写真提供:めんたいパーク)

ツイッター上には、「これはもっと広まるべきだよ」というメッセージとともに、めんたいパーク内のお知らせが投稿されている。

返信欄には、「割引を知っていたので2年ぶりに大洗観光とめんたいパークへ行ってきました! 」「できたてが試食できて、意外と美味しいめんたいソフトクリームがたまらなかったです」

「明太子が好きな人にはたまらない聖地ですね。ガルパン好きで明太子好きなら、なおさらオススメな大洗工場」とのコメントも寄せられており、このツイートには、19日午前6時現在、1.8万件のいいねが押されている。


関連記事:ヒカキンが選んだ「セブンのおにぎりNo.1」に驚き 異論も続出

 

■来店者、売り上げともに悲惨な状況

めんたいパーク
(写真提供:めんたいパーク)

めんたいパークは、大洗、常滑、神戸、大阪、伊豆と全国5箇所にある。「来て楽しい、買って楽しい、食べて美味しい」をテーマに、
館内には、無料で見学できる明太子工場、できたて明太子の直売店、めんたいミュージアムやフードコーナーなどがある。

広報担当によると、新型コロナの影響で、来客者数、売上ともに、通常の半分以下の状況だという。


■不自由な生活に潤いをもたらすために…

「 今は、外出外食ができない不自由な生活の中で、家族そろって食事する事が一番の楽しみだと思う」担当者は話す。「そこで何かできることはないかと考えたとき、明太子を安く提供し、自宅で楽しい食事をしてもらいたい」と考えたとのこと。

この企画実施後、来店者も増えて、問い合わせも多数入っているそう。なお、新型コロナ対策として、館内では、出入口、店内(計12箇所)にアルコールスプレーを設置。

従業員全員のマスク着用、清掃員による店内のアルコール除菌、清掃などを実施中で、感染拡大防止に努めているとのこと。

・合わせて読みたい→マツコ、新型コロナ対策に疑問 「人混みに行かずにどうやって生活するのよ」

(文/しらべぇ編集部・おのっち

この記事の画像(3枚)