『無印良品』に子連れで行ったら… 「カレー売り場」に感動した

しっかり辛くて本格的な『無印良品』のレトルトカレーシリーズ。子供が食べられないから、と諦めていた人も多いのでは…

グルメ

2020/03/21 16:00

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、外出を控える人が多い中、子供がいると家での過ごし方には悩まされる。そうした中『無印良品』に、お手軽かつ子供と一緒に楽しむことのできる商品があった。


画像をもっと見る

 

■「辛くない」カレーシリーズ

無印良品「辛くないほうれん草のキーマカレー」

無印良品のレトルトカレーといえば、本場の本格的なカレーが手軽に味わえるとあって、スパイシーなモノが好きな人々から絶大な支持を得ている。

しかしながら、「本格的」であるためどれも辛味が強く、大人の食べ物という印象もあったのではないだろうか。しかし、記者(私)が子供を連れて無印良品を訪れてみると……「辛くない」と書かれた商品が。

こちらは、昨年6月から発売されている「辛くない」レトルトカレーシリーズで、子供や辛いものが苦手な人でも食べられるよう、マイルドな味付けになっている。


関連記事:『無印良品』メロンソーダ グラスに注いだ瞬間「人気の理由」がわかった

 

■「ナン」も手作りすると楽しい

無印良品「フライパンでつくるナン」

さらに、無印良品には「フライパンでつくる ナン」(190円・税込)という商品も販売されいる。

1袋で4枚作ることのできるこちらのミックスに、水とオリーブオイル(またはサラダ油)を入れ、生地をこねて伸ばし、フライパンで焼くと、ふっくらとしたナンが手軽に作ることができるぞ。

無印良品 ナンづくり

ミックスを混ぜて1つにまとめるところまでやってしまえば、こねて、丸めて…という子供が好きな作業が続くため、外出を控えたいときの過ごし方としてもオススメである。


■楽しくおいしく野菜も摂れる

無印良品 辛くないキーマカレーとナン

今回は「辛くない」カレーシリーズの中でも、ナンとの相性も良さそうな「素材を生かした 辛くない ほうれん草のキーマカレー」(350円・税込)を選んでみた。

「自分で作った」ことで子供の食も進みやすく、そこでほうれん草など野菜が摂れることも、嬉しいポイント。また、無印良品のレトルトカレーは化学調味料・合成着色料・香料不使用のため、親子で安心して食べることができる。

ナンは子供と楽しく手作り、カレーは湯煎かレンジで温めるだけという、まさしくいいとこ取りなので、ぜひ親子でトライしてみてはいかがだろうか。

・合わせて読みたい→フランス人、熊本の「夜しか営業しないケーキ店」を絶賛 パリレベルの美味しさに感動

(文/しらべぇ編集部・越野 真由香

この記事の画像(4枚)