ホットサンドメーカーで『冷凍餃子』を焼くといつもの100倍美味しくなる

ホットサンドメーカーで冷凍餃子を焼くと激ウマ

グルメ

2020/03/21 10:30

通常の使い方以外にも、ステーキや焼き鳥まで美味しく作れてしまう『ホットサンドメーカー』。じつは、とある冷凍食品を調理するときにも、その実力を発揮するのだ。


画像をもっと見る

 

■冷凍餃子をホットサンドメーカーで

その冷凍食品とは、餃子。たとえば味の素が出しているような、油や水を使わず焼ける冷凍餃子を焼くときにホットサンドメーカーを使うと、いつもの100倍美味しい餃子ができる。

個数としては4個ぐらいしか焼けないのだが、おつまみを数点作るときの1品ぐらいなら十分。また、小分けで何回も焼けるので、いつでもアツアツを楽しめることも逆にメリットになる。


関連記事:ホットサンドメーカーは『最強のステーキ調理器具』だった

 

■作り方は簡単

焼き方は通常と異なり、味の素の冷凍餃子の場合、ホットサンドメーカーを熱する前に餃子を置きサンドしてから中火で7分加熱。

するとこのようにいい感じの焼き色がつくので、その後裏返して3分焼くと…


■焼き目が両面につくので香ばしい

なんと、裏面にもいい感じの焼き目がつき、通常の焼き方よりも香ばしく焼けるのだ! 両面焼くタイプの餃子は大阪の一口餃子があるが、こちらは餡がたっぷり入っているので、皮の強い香ばしさに負けない餡の旨味を楽しめ、バランスも非常にいい。

通常の焼き方よりも楽ではるかに美味しくなるので、餃子マニアの人にはぜひ試してほしい。ホットサンドメーカー餃子という、地味な革命を楽しめるはずだ。

・合わせて読みたい→ホットサンドメーカーは『最強のステーキ調理器具』だった

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事の画像(5枚)