今年は自粛派も大勢か 花見の大騒ぎを軽蔑する人の割合は…

新型コロナウイルスの影響で、楽しいはずの花見を「しなくていい」と考える人たちがいた。

ライフ

2020/03/22 13:00

花見
(yuyeinjapan/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

東京都は4日、都立公園や都が管理する河川敷での宴会を自粛する要請を発表。新型コロナウイルスの影響は、老若男女の春の楽しみである花見にまで及んでしまった。

果たして、人々の2020年の花見事情はどうなっているのだろうか。


画像をもっと見る

 

■花見の大騒ぎは容認か

花見と言えば、宴会も切り離せない。毎年、酒量とテンションの高さが度を超し、盛り上がりすぎてしまう人たちが問題視されているのも現実だ。

しらべぇ編集部が全国10代〜60代の男女1,789名を対象について調査したところ、全体の30.4%が「花見で大騒ぎしている人を見ると軽蔑してしまう」と回答した。

花見で大騒ぎしている人を見ると、軽蔑してしまう人の割合

やや低めの数字だが、春の陽気に誘われてか、「花見の時くらいは多少羽目を外してもいい」と考える人が多いようだ。


関連記事:スタバの新作を買ってきた後輩 スマホに「写っていたモノ」に驚愕…

 

■20代男性は花見離れか

しかし性年代別では、意外とも言える結果が出た。

花見で大騒ぎしている人を見ると、軽蔑してしまう(性年)

飲酒が可能かつ若さあふれる年代でもある20代男性が、37.4%と最も多い。むしろ、盛り上がりの中心にいてもおかしくはないと思われるが…。

次ページ
■公務員は花見を楽しむ余裕が…

この記事の画像(4枚)