母親の入浴中にマッチで火災 6歳男児が死亡し弟と妹は重体

火災では、火や炎にも増して煙による一酸化炭素中毒が非常に怖い。

社会

2020/03/22 07:45

マッチ・子供
(golibtolibov/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

母親の家事をじっと観察し、何に関しても強い好奇心を抱き、「自分もやってみたい」とこっそり真似をしてしまう幼い子供たち。火災は男児のいたずらにより起きたが、その時入浴中だった母親に禁錮5年の実刑判決が下る可能性があるという。



 

■煙に倒れた子供たち

ウクライナ・ドニプロペトローウシク州のヴェルヒーウツェヴェという村で1週間ほど前、民家の火災により一酸化炭素中毒に陥った6歳の男の子が死亡した。

体表25パーセントにやけどを負った4歳の弟、一酸化炭素中毒を起こしている1歳の妹は州都ドニプロ市の大きな病院に搬送されたが、ともに容体は深刻だという。


関連記事:子供3人を殺害した22歳母の狂気 長男の抵抗もむなしく…

 

■近所の評判は良好

3人の子供たちは、「タチアナ」という名前のみ明らかにされた27歳のシングルマザーに育てられていた。一家はロシアとの紛争が続くウクライナの東部から逃れてヴェルヒーウツェヴェに移り住んだといい、火災が起きた家屋は数ヶ月前に購入していた。

子供たちは身なりもきちんとしており、食育状況もよく、近隣住民からの評判は悪くなかった。

次ページ
■マッチのいたずらで出火

この記事の画像(1枚)