海がないはずなのになぜかある『埼玉漁港』の刺身定食がスゴすぎた

埼玉漁港の実力とは? 海が無いのにかなりのクオリティだった

グルメ

2020/03/23 09:20

当然のことだが、埼玉県には海がない。よって、漁港もあるはずがない。なのに、なぜか記者は発見してしまったのだ。『埼玉漁港』を。


画像をもっと見る

 

■海が無いけど埼玉漁港

その漁港を発見したのは、埼玉県川島町という非常に地味(すいません)な町。そこにデカデカと『埼玉漁港 海鮮食堂 そうま水産』という看板から。

当然のごとく1隻も船がとまっているはずもなく、あるのは駐車場のみ。どうやら埼玉漁港と名付けられた食堂のようだ。


関連記事:府中市場『ビッグマッグ』が激ウマ ビッグマックポリスも全力疾走で食べにくる味

 

■ボリュームや価格に自信

さっそく中に入ってみると、お店のこだわりとして、毎日漁港から魚を直送しているため鮮度が良く、ボリュームや価格も自信があるらしい。

メニューは豊富だが、店員のおススメはセリで買い付けた魚がのった『三代目刺身番長ランチ』(1,100円)とのこと。埼玉漁港と自称する実力を確かめるため、今回はそちらを注文した。

次ページ
■なんじゃこりゃ…

この記事の画像(11枚)