新型コロナ騒動で休校に 苛立った母親が家族に襲いかかり逮捕される

いきなりの休校措置を受け怒り狂った3児の母が、夫と子供たちに殴りかかり通報された。

社会

2020/03/23 10:00

教室
(maroke/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

育児中の母親にとって、子供たちが学校に行っている時間は家事や仕事に集中できる貴重なものだ。しかし新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化し、多くの学校が休校措置をとることに。それに驚き腹を立てたある母親が、家族を相手に大暴れした。



 

■休校の知らせに苛立った母親

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、アメリカでも多くの学校が休校措置を決定。

多くの保護者が「このような状態だから…」と突然の決定を受け入れたが、ユタ州で暮らす3児の母ジェシカ・カンブレー容疑者(36)にとり、臨時休校による負担激増はすんなりとは受け入れがたいことだった。


関連記事:SNSで「学校休ませよう」との呼びかけが話題 文科省は「休校は学校設置者の判断」

 

■夫に対する激しい暴行

休校措置の知らせを聞いた日、たまたま酒に酔っていたカンブレー容疑者は「たまったもんじゃない」と激怒。子供たちの面倒をみていた夫に怒りをぶちまけた容疑者は、夫を突き飛ばしいきなり首を締め上げたという。

これに驚いた子供たちが止めようと試みたが、容疑者は落ち着くどころかさらなる蛮行に及んだ。

次ページ
■子供にも及んだ被害