『100日後に死ぬワニ』最終話舞台のモデルか 東京都大田区・八景坂を直撃

ついに最終話を迎えた『100日後に死ぬワニ』だが、人気は衰えることを知らず、なお盛り上がりを見せている。

話題

2020/03/23 19:00

八景坂

20日に最終回を迎え、全国のファンに衝撃を与えた漫画『100日後に死ぬワニ』。最後は4コマ漫画の枠に縛られないスタイルでの発表となったが、その分情報量も増えており、多くの読者が作者の意図を読み解こうと様々な考察を重ねている。

しらべぇ編集部では、最終回に登場した舞台のモデルになったと思われる地に向かってみた。


画像をもっと見る

 

■コマの中をよく見ると…

大森駅

「100日目」では何かを感じたネズミが「迎えに行くわ」と宣言し、バイクに跨る。そして、桜舞い散る道路の写真を撮るシーンが印象的だ。

賢明な読者は既にご存知かと思うが、このシーンに登場する信号機には「百景坂交差点」という地名が書かれている。そこで記者(私)は東京都・大田区にある「八景坂」に足を運んでみた。最寄駅はJR「大森駅」である。


関連記事:はじめしゃちょー、人気漫画のネタバレ動画が賛否 「それは聞いちゃダメ…」

 

■探せど探せど…

八景坂

大森駅の西口を出ると、目の前には「八景坂」が広がっていた。『八景坂ビル』など地名を引用した建物も見つかったが、坂を上ってみても下ってみても、「八景坂交差点」という標識は見つからなかった。

このまま歩いていても埒が明かないと判断し、『大田区 郷土博物館』に事情を聞いてみることに。

次ページ
■新たなヒントを入手

この記事の画像(4枚)