バター最強説は終わり? マーガリンにこだわったパン店『マルガパーネ』が激ウマ

マーガリンを使ったパンも美味しい

グルメ

2020/03/24 10:30

パンに使う油脂はバターが最強。マーガリンは代用品で劣るものというイメージがあるが、そんなイメージをくつがえすスゴいパン店が、葛飾区にある。


画像をもっと見る

 

■カフェ マルガパーネ

そのパン店『カフェ マルガパーネ』は、食用油脂のメーカー・ミヨシ油脂が運営するカフェ併設のパン店で、同社の製品を使用したパンが豊富に取り揃えられている。

クリームパンやあんぱんなどの甘い系からカレーパンやチーズを練り込んだものなど種類豊富で、マーガリンでもこれだけたくさんのパンが作れるんだ…と素人は感動してしまうほど。


関連記事:『ローソン』大人気のフランスパン 「小さい理由」にグッとくる

 

■軽さが美味しいクロワッサン

実際に販売されていたパンを食べてみると、最初にいただいたクロワッサンはバターに比べて非常に軽い味わいで、バターの代用ではなく「マーガリンならではの美味しさ」を感じられた。

ミヨシ油脂のマーガリンは体に悪いと言われているトランス脂肪酸が100グラム中0.99グラムと、なんとバターの約半分。味にこだわるだけでなく、トランス脂肪酸の摂りすぎも防げるとは…。

次ページ
■カレーパンは絶品

この記事の画像(6枚)