『月曜から夜ふかし』高齢女性と犬の憎み合いに物議 「笑えない」の声も

視聴者から「かわいいので見てほしい」とタレコミがあるも…

エンタメ

2020/03/24 06:30

マツコ・デラックス

23日深夜放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で取り上げられた、「犬に余生を邪魔されるおばあちゃん問題」が物議を醸している。



 

■入れ歯をする犬が取り上げられる

事の発端は番組に「うちの愛犬は祖母の入れ歯をくわえて遊ぶのですが、その姿がかわいいので見に来てほしい」とメールが寄せられたこと。スタッフは早速見に行くことに。

投稿者の家に行き様子を見ると、テーブルに置かれた88歳の女性が使う入れ歯を犬がくわえる、執拗に噛むなどして自分の「おもちゃ」にしてしまう。その姿は、まるで犬が入れ歯をしているようで、少々微笑ましい映像だった。


関連記事:歯科医夫が別居を決断した小倉優子の一言

 

■仲の悪さが浮き彫りに

ところが次の瞬間状況が一変。女性が犬に対し、「(入れ歯を)返せ! 返せ! 壊される。やめろや」と入れ歯を返すよう求めたのだ。ナレーションによると両者は「たいそう仲が悪い」とのこと。

取材陣に対し「完全に私を馬鹿にしていますよ。大嫌いですねん」と話す。孫が飼い始めてしまったため、渋々一緒に暮らしているそう。犬も女性が嫌いなようで、足を執拗に噛む。さらに服にも噛みつき、3ヶ月で10枚以上の服が使用不可能になってしまったのだとか。

女性は「やめろや。手噛んだら痛いがな。バシッといこうか?」と応戦するが犬はどこ吹く風で噛みつきを繰り返す。マツコはこの犬を見て「嫌だあんな犬。嫌だなホント嫌」と嫌悪感を顕わにした。

次ページ
■視聴者からは批判も