聞かされるほうはいい迷惑… 自分語りしがちな人の傾向とは

多くの人々は、自分の話をしたいものである。しかしあまりやりすぎると、相手に嫌がられることも知っているものだ。

人間関係

2020/03/25 11:30

会話の中で多くの人は、自分のことを話したい感情を抱いているものだ。しかし自分のことばかり話しても嫌がられるので、控えるようにしている人が多数を占めるだろう。


画像をもっと見る

 

■3割は「自分の話ばかり」

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,789名を対象に、「会話について」の調査を実施した。

「自分の話ばかりしてしまう」と答えた人は、全体で30.2%だった。


関連記事:趣味から仕事まで 自分には向いていないとあきらめた経験談

 

■若者は自分の話が好き

性年代別では、20代女性が一番高い割合になっている。

自分の話ばかりしてしまう性年代別グラフ

若い人の集まりでは、みんな自分の話をしているとの意見も。

「友達と集まったときには、みんな自分の話がしたくて仕方ないのがわかる。誰かが話している内容に乗っかって、『そうそう、私も』と自分の話にすり替えるのが上手。


結局は終わってみれば、みんな平等に自分の話をしているから、それでいいんだと思っている。会話になっているかも怪しいけれど、それなりに楽しんでいるし」(20代・女性)

次ページ
■自分の話を控えるように

この記事の画像(4枚)