環境活動家グレタさん、新型コロナに感染か 活動のため欧州を鉄道で周る

17歳と若いグレタ・トゥーンベリさんでも喉の痛みや咳のほかに寒気や全身倦怠感があるという。

社会

2020/03/25 11:00

新型コロナウイルス・COVID-19
(画像提供:国立感染症研究所)

地球温暖化に関するリスクなどを訴える活動で、史上最年少のノーベル平和賞候補などと噂されているスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさん(17)。彼女が新型コロナウイルスに感染した可能性が高いようだ。



 

■欧州を鉄道で周る

欧州を鉄道で周りながら複数の国で環境保護活動に参加していたグレタさん。彼女は24日午後にツイッターやインスタグラムを更新し、新型コロナウイルスに感染したかもしれないことを報告した。

ベルギーのブリュッセルから戻る列車のなかで悪寒を感じたのが初発症状だったというグレタさんは、そこから自宅で自主隔離を続けている。10日ほど前からは全身の倦怠感やのどの痛み、震え、咳の症状もあるという。


関連記事:体調不良が続く男性 「新型コロナウイルスに違いない」と家族を思って自殺

 

■父親はより重い症状

その旅行に同行していた父親のスヴァンテ・トゥーンベリさんも、同様の体調不良を訴えている。そのためグレタさんは「ヨーロッパを鉄道で回るなか、揃って新型コロナウイルスに感染したものと考えています」と説明。

50代のスヴァンテさんは熱が高く、グレタさんよりも重い症状を訴えているという。

次ページ
■自主隔離の大切さ

この記事の画像(1枚)