なぜ原宿駅と渋谷駅は「明朝体」でも叩かれないか 渋谷ギャルに理由を聞いた

新駅舎がとうとうオープンした原宿駅。新しい姿に慣れぬ人はまだまだ多いようで…。

話題

2020/03/25 19:00

原宿駅

今月21日、JR原宿駅の新駅舎がとうとうオープン。隣にある旧駅舎はまだ残っているものの、中には入れないようになっており、ひとつの時代の終わりを象徴するかのような図となっている。


画像をもっと見る

 

■懐かしの原宿

原宿といえば、やはり若者の街。記者(私)も原宿デビューを果たしたのは中学生の頃で、カツアゲに遭遇しないかとヒヤヒヤしながら、親からもらったお金を手に、初めて自分のセンスで服を買いにきたものだ。

原宿駅

そんなエモい感情を胸に原宿駅で下車すると、目の前には全く見慣れぬ建物が。ネット上では新駅舎に対し、「農協っぽい」「役所にしか見えない」といった声が上がっており、木造ベースだった旧駅舎に思い入れが強い人ほど、受け入れるのに時間がかかっているようだ。


関連記事:いよいよ「高輪ゲートウェイ駅」開業 やっぱり別の名前が良かった?

 

■ふとした違和感

また、ネット上では原宿駅の看板が「明朝体で書かれている」と指摘する声も見られた。駅名の明朝体表記といえば、今月14日に開業したばかりの『高輪ゲートウェイ駅』が大きな物議を醸したばかり。

原宿駅

しかし現地で明朝体の駅名を見ても、それほど大きな違和感は起こらなかった。ネット上でも「原宿駅の明朝体は悪くないわ」「ゲートウェイほどの違和感がない」といった好意的な意見が主流のよう。

続いて「渋谷駅の看板も明朝体で書かれている」という情報をキャッチしたため、しらべぇ編集部は渋谷へと向かった。

次ページ
■渋谷のギャルに話を聞くと…

この記事の画像(4枚)