コロナ感染者数ついに米国が世界トップに NY市がとりわけ深刻な理由とは

人口密度の多さゆえ状況はさらに深刻化か。新しい感染者をこれ以上出さないため、ロックダウン効果に期待が集まっている。

社会

2020/03/27 20:30

ニューヨーク
(Chaay_Tee/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

3月に入って以来、新型コロナウイルス感染者の数が驚異的に増えていた米国。数日前にはスペインを抜いて世界第3位の感染者数となっていたが、ここ1日でついに2位のイタリアを抜き、トップの中国をも抜いてしまった。



 

■突然増えた感染者数

日本時間の3月27日午前10時25分現在、85,300名を超す新型コロナウイルス感染者と、1,295名の死者が確認されている米国。感染者の半数近い37,250名超がニューヨーク州、特にニューヨーク市とその周辺から出ているという。

サンフランシスコでの大流行が伝えられるカリフォルニア州、シアトルを擁するワシントン州の感染者数にも注目が集まっているが、いずれもニューヨーク州の10分の1ほどだ。


関連記事:新型コロナウイルス「マスクより買うべきモノ」に驚きの声相次ぐ

 

■水際対策ほぼ万全も…

米・疾病予防管理センター(CDC)が連日のように感染予防のための諸注意や自主隔離の重要性を国民に訴えかける一方で、トランプ大統領は海外から帰国する国民以外、30日間にわたりヨーロッパからの入国者を禁じる措置を発表。水際対策はほぼ万全だ。

また、ロックダウン(外出制限による都市封鎖)の徹底が図られているサンフランシスコやニューヨークは、ゴーストタウン化した街のかつてない異様な光景が写真や映像で世界に伝えられている。

次ページ
■マスク人口が少ないNY市

この記事の画像(1枚)