高嶋ちさ子、新型コロナの影響で心変わり 「稼がないで家にいるのは…」

『ザワつく金曜日』で高嶋ちさ子が新型コロナウイルスによる影響を語り…

エンタメ

2020/03/28 13:00

高嶋ちさ子
(写真提供:JP News)

新型コロナウイルスの影響が仕事にまで及び、頭を抱えている人は少なくない。

27日放送『ザワつく! 金曜日 一茂良純ちさ子の会』(テレビ朝日系)では、同騒動の影響を受けたヴァイオリニスト・高嶋ちさ子が大きく変わっていった「仕事の現状」を吐露した。



 

◼新型コロナの影響で…

ちさ子は、「3月予定していたコンサート10何本がなくなった。仕事はコレだけ」と同番組以外の仕事が新型コロナウイルスの影響で中止になったと告白する。

考え方も変わったらしく、特に「仕事があるありがたみ」を実感していると強調。仕事がなくなった現状の本音を漏らしていく。


関連記事:高嶋ちさ子、公演延期で嘆き 「デパート行って爆買いして良いですか?」

 

◼家での立場も変化

夫はサラリーマンのため、新型コロナの影響があっても給与がある。しかし仕事がないちさ子は「仕事がないと1円も入らない」ため、「稼がないで家にいるのが、こんなに立場が弱いんだ」と痛感したと明かす。

以前から「宵越しの銭は持たない」スタンスで、稼げば稼ぐだけ浪費してきたちさ子だが、「こんなに長引くと思わなかった。3月コンサートがあると思って2月に使っちゃった」と吐露。これに長嶋一茂らから「稼いでから使うべき」「前のめりだな」と呆れた声があがった。

次ページ
◼視聴者は共感