回転寿司界ナンバーワンコスパランチはくら寿司の『うな丼』だった

くら寿司のランチ、最強コスパはうな丼

グルメ

2020/03/29 20:30

ただでさえコスパの良い100円回転寿司の中でも、最近くら寿司が始めた500円からのランチは、お得感がズバ抜けて高い。

先日は500円の海鮮丼の美味しさに驚いたのだが、じつはもっともコストパフォーマンスの高いランチは、海鮮丼ではなかった。


画像をもっと見る

 

■特上うな丼のコスパが最高

そのコスパ最強ランチとは…1,000円の『特上うな丼』である。ええっ、1,000円なんて昼飯にしては高くない? と思われそうだが、価格と値段を考えるとこれがズバ抜けて良い。

その理由はいろいろあるが、まずは肉厚のうなぎが2枚ものっているだけでなく、みそ汁か茶碗蒸しをチョイスできること。しかもチョイスできるみそ汁と茶碗蒸しがサイドメニューのレベルでない出汁の風味なため、かなりお得に感じる。


関連記事:本格炭火のうなぎが550円から楽しめる『宇奈とと』が最高だった

 

■このレベルのうな丼が1,000円とは…

うなぎは非常に柔らかく、箸ですっと切れるほど。このレベルのうな丼が1,000円で食べられるだけでも十分である。

ただ、うなぎがあまりにでかいのでうなぎが余ってしまうのだが、そこは回転寿司ならではの方法で最後まで美味しくいただける。


■うな茶漬けにしても最高

その方法とは、無料のお茶をかけてうな茶漬けにすること。くら寿司のワサビは高品質なので、ワサビが好きな人は入れてもまたウマい。

うな丼とうな茶漬け両方楽しめて1,000円は、ちょっとした贅沢にも最適。普段のお昼は500円の海鮮丼や天丼を食べ、少し奮発できるときはうな丼をぜひ試してほしい。

・合わせて読みたい→府中市場『ビッグマッグ』が激ウマ ビッグマックポリスも全力疾走で食べにくる味

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事の画像(6枚)