記憶から消し去りたい相手がいる人は6割 「元カレが今も憎い…」

嫌な相手のことは、記憶から消したいものである。しかし嫌な人ほど、しっかりと頭に残るものだ。

人間関係

2020/03/30 11:00

トラブルがあった相手のことは、できることなら思い出したくないものだ。なかには、記憶から消したいとさえ思っている人もいるだろう。


画像をもっと見る

 

■6割弱「消したい人いる」

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,789名を対象に、「嫌いな人について」の調査を実施した。

記憶から消したい人がいるグラフ

「記憶から消したい人がいる」と答えた人は、全体で56.5%だった。


関連記事:「うんちを漏らしてしまい…」 人々が記憶から消し去りたい過去

 

■元カレを完全に忘れたい

性年代別では、多くの年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

記憶から消したい人がいる性年代別グラフ

元恋人に、強い恨みを抱いている女性も。

「こちらのことは束縛するなどさんざん振り回したくせに、自分の浮気がバレると開き直った元カレが今思い出しても憎い。


たまに頭の中で鮮明に蘇ることがあり、そんなときはとてもつらい気持ちになる。別れた今は嫌悪感しかないので忘れたいのだけれど、されたことが強烈すぎて頭から離れない」(20代・女性)

次ページ
■時間の経過とともに

この記事の画像(3枚)