米国帰りの若者が自主隔離を守らずパーティへ 新型コロナ大量感染で禁錮15年か

新型コロナウイルスの水際対策は重要だ。流行地から戻った者には「自分は感染者だ」くらいの自覚が求められるという。

社会

2020/03/30 10:00

新型コロナウイルス・COVID-19
(画像提供:米国CDC)

新型コロナウイルスへの感染が新しく確認される者のなかに、ご存じの通り欧州諸国や米国など流行地からの帰国者が増えている。

多くの国が今、水際対策として入国拒否の対象を数十か国に増やしているが、PCR検査や14日間にわたる自主隔離を条件に、自国民の帰国だけは受け入れている。そんな状況のなか、ひとりの若者によるとんだ裏切り行為で感染が広がっていたことがわかった。



 

■自主隔離を義務付けられるも…

アルゼンチンのブエノスアイレスで今、エリック・トラレスという24歳の男が、新型コロナウイルスの悪質なスーパースプレッダー(10人以上にウイルスをうつした感染源)だとして槍玉に挙げられている。

トラレスは3月13日、新型コロナウイルスの感染者数がイタリアや中国を抜いて今や世界ワースト1というアメリカの流行地から帰国。空港の検疫でアルゼンチン政府が帰国者に義務付けた「14日間の自主隔離」に従うと誓約したにもかかわらず、彼はある友人のバースデイパーティに出席していた。


関連記事:ハワイ旅行後の日本人が新型ウイルス感染 米国はここまで情報公開

 

■パーティ出席者が次々と感染

アルゼンチンのニュースチャンネル「トド・ノティシアス(Todo Noticias)」が報じたところによれば、パーティの数日後にトラレスは体調不良に陥り、そこで新型コロナウイルスに感染していたことが判明。

その後パーティ出席者約100名のうち、肺炎が重症化するリスクがある76歳と79歳の高齢者を含む少なくとも11名の感染も判明し、20人ほどが隔離に入った。

トラレスはパーティ以外にも外出していたことから、ほかにも濃厚接触者がいるとみて保健当局が調査や検査に追われているという。

次ページ
■当局は身勝手な若者を許さず