志村けんさん死去、地元・東村山市長と市民から哀悼の声相次ぐ

新型コロナウイルスに感染していたタレント・志村けんさんが30日、亡くなったと報じられた。

エンタメ

2020/03/30 13:30

志村けん

30日、コメディアンの志村けん(本名・志村康徳)さんが亡くなったと一斉に報じられた。70歳だった。新型コロナウイルスに感染し、誰もが回復を祈っていた中での突然の訃報となった。

ネット上では志村さんの地元である東村山市市民や市長から、哀悼の声が次々相次いでいる。



 

■感染確認から1週間

新型コロナウイルス感染確認から、わずか1週間あまりの出来事だった。

志村さんは17日から倦怠感などの症状が発生し、19日には発熱・呼吸困難といった症状に苦しみ、20日、都内の病院に搬送された。診察を受けた結果重度の肺炎と診断され、入院。新型コロナウイルスへの感染が疑われ検査を受けたところ、23日に陽性だと確認し、25日に所属事務所「イザワオフィス」が事実公表に踏み切った。

30日、新型コロナウイルスによる肺炎のため逝去されたと、一斉に報じられ、事務所も「報道は事実」であると回答。29日夜11時10分頃、息を引き取ったという。


関連記事:坂上忍、志村けんのコロナ感染に驚くも… 「芸能人としての複雑な思い」語る

 

■東村山市長も反応

東村山市市長のわたなべたかし氏も訃報を受けて、地元の星の死去に落胆の色を隠せない。

「東村山15万市民の皆さんとともにご回復を祈っていましたが、願いが叶わず残念でなりません。心より哀悼の誠を捧げ、ご冥福をお祈りいたします」と同日ツイートした。


■志村けんの木を思う人も

日本を代表するコメディアンの死去に、「間違いなくヒーローだった。 ヒーローは不滅。 俺は忘れない」「志村けんさんで東村山を知り、西武新宿線沿いに住んだことがあった。 こんな亡くなり方をされるとは…」と、ネット上では東村山とゆかりのあるユーザーから鎮痛の声が上がっている。

また、西武線・東村山駅前に植樹されている「志村けんの木」に触れて、「志村けんの木に花でも添えていきたいと思います…」「この3本の木とともに永遠に皆さんの記憶に残るように…」と思いを馳せる人もいた。

・合わせて読みたい→近藤春菜、志村けんとの直近収録日や様子明かす 「びっくりして…」

(文/しらべぇ編集部・右京 園次郎