志村けんさんの訃報を受け… 滝沢カレンの投稿に「心打たれる」と反響

モデルの滝沢カレンが、新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった志村けんさんについてコメント。「心打たれる文章」と反響が相次いでいる。

エンタメ

2020/03/31 13:30

滝沢カレン

モデルの滝沢カレンが30日に自身のインスタグラムを更新。新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった志村けんさんへの思いをつづった。



 

■志村さんとの共演に「奇跡」

「あれは、私がまだ小さい頃でした。テレビ画面に映る、楽しくて愉快で明るい番組。そこには志村けんさんがいました」と切り出した滝沢。「小さい頃から、志村けんさんを一方的にずっとずっと、知っていました。家族を一つの笑いの渦に運んでくれる大好きな方。それが私の小さい時の記憶です」とし、家族全員が志村さんがテレビで活躍する姿を楽しみにしていたと語る。

「まさか自分が、あの時から、スター中のスターでまさか会えるわけない」と思っていたようで、志村さんと共演したときは「まるで小さい頃の夢を誰かに覗かれて、いまになって叶えてくれたんじゃないかと思うくらいの、それは、奇跡でした」と感じたという。


関連記事:剛力彩芽、志村けんさんとの思い出語る 「今からもう7年も前…」

 

■「同じ時代に生きられて幸せでした」

滝沢が志村さんと初めて会った際、緊張でガチガチに固まってしまったのだが、そんな彼女に志村さんは優しく笑いかけてくれたそう。「目の前にいらっしゃるんだ、と、顔にはギリギリ出ないように、とびきり喜んだのをしっかり記憶しています」とつづる。

訃報を受けて複雑な思いを抱えているようで、「いま、伝えたいことはこんなに胸を張り詰めているはずなのに、私の言葉では何文字あったって足りなくて私の頭だけの言葉じゃ表しきれなくてそんな目の奥にたくさん記憶を残したまま溢れる気持ちがあるのに、文に表すにはこんなにもおさまらなくて、伝えたい思いが書き足りません」と言葉できないもどかしさを告白。

「志村どうぶつ園でたくさんご一緒したことは私の一生分よりも大きな自慢です」「志村けんさんと同じ時代に生きられて幸せでした。どうか、安らかにお眠りください たくさん、たくさん、たくさん本当にありがとうございました」と結んだ。

次ページ
■「心打たれる文章」と反響

この記事の画像(1枚)