コロナ感染の爆発的増加に備える… 見本市会場にベッドを入れて収容も

日本の新型コロナ医療崩壊を前に危機感を募らせる岡田晴恵教授。先を見据えた迅速で的確な決断が必要だ。

社会

2020/04/02 10:30

見本市会場
(Sushiman/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

新型コロナウイルスのこのところの急激な感染拡大と医療崩壊の危機に関し、日本ではホテルを借り切って病床として使う案、新しく専門施設を建設する案などが語られるようになった。だが海外では、違う方法ですでに「封じ込め作戦」が始まっている。



 

■医療現場はパンク寸前

4月1日、テレビ朝日系『羽鳥慎一モーニングショー』で新型コロナウイルスの急激な感染拡大で医療現場がパンク寸前という話題に関し、医学博士で白鴎大学教授の岡田晴恵氏から興味深い発言があった。

このまま感染者数が急増していけば、病床の不足は現実のものとなると危機感を強調する岡田氏。医療現場のその先のあり方についても言及した。


関連記事:新型コロナ陽性の看護師 「周りに感染させたかも」と思い悩み自殺

 

■だだっ広いフロアに大量の病床

「体育館のような施設を借り切り、大きなフロアに軽症の患者を一気に集めて治療にあたるようにするんです」「そこでは誰もが感染者ですから一緒にしてしまってもいいのです」などと発言した岡田氏。

体育館や大型の公共施設のだだっ広いフロアに、簡単な間仕切りとともに並べて設置された大量のベッド。そこに新型コロナ患者が次々と送られてくる様子は、中国からも映像でたびたび伝えられていた。岡田氏は日本についても「最後の段階ではそうなります」と述べている。

次ページ
■欧米の大型商業施設はすでに…

この記事の画像(1枚)